サッカースクールであれ、学習塾であれ、子供達の習い事を選ぶ際は『どんな運営陣がやっているのか?』という部分は誰でも気になるところです。

このページでは、チャレンジャーズシティフットボールの運営陣はどんな人達で、どんな選考基準で選んでいるのか?ご紹介させていただこうと思います。

【スタッフ選考条件1】サッカーだけでなく、あらゆる世界業界で活躍している人。

サッカーを通して、“将来どの進路に進んでも使えるスキルの習得”を目指すチャレンジャーズシティでは、サッカーに留まらず、幅広い世界、業界で活躍している方々をスタッフに迎えています。

現代のサッカースクールにおいて“サッカーを教えられる”というのはもはや当たり前。それに加え人生で役立つ学びをどれだけ提供できるのか。それを提供できるスタッフがどれだけ在籍しているのか?という部分を常に意識しています。

そのため、CCFではプロ経験のあるコーチを始め、一流企業や海外企業で活躍されている方、時には会社経営をされている方まで、サッカー以外にも多くを教えることのできるスタッフを沢山迎えています。

サッカーだけではなく、勉強、コミュニケーション、リーダーシップ、全てをバランス良く育んでいける。そんな教育環境がココにはあります。

【スタッフ選考条件2】子供達以上のチャレンジ精神を備え、日々挑戦をしている人

しばしば教育の現場では、『若い君達には無限の可能性があるんだから、がんばりなさい』と言った言葉を耳にしますが、 これは大人である僕達が新しい挑戦をしなくても良い。ということでは全くありません。

それどころか、『挑戦しろ!』と彼等を鼓舞する立場の僕等こそ、子供達以上にそれを体現していなければならない。

それはサッカーでも、勉強でも、分野はなんでもいいんです。練習を終え家に帰っても、日常的にどんどん新しい挑戦をしている人。僕等はそんな人であり続けるべきですし、うちのスタッフは皆、それを体現してくれている人達です。

CCFの運営陣紹介。

土肥良太(代表、サッカーコーチ)

17821512_1299181410178866_990530565_n

チャレンジャーズシティ代表、現在までの所属チーム:Altona east sc
(オーストラリア)→Western Suburbs SC
(オーストラリア)→Ballarat Red Devils
t(オーストラリア)詳しいプロフィールはタウンニュースより→
http://www.townnews.co.jp/0404/i/2015/02/20/272545.html

仁藤直人(サッカーコーチ)

26

サッカーコーチであり、普段はシステムエンジニアとして活躍。CCF所属の『ヨシヤ』の父でもあり、『まずは自分がやってみせる』を教育ポリシーとしている。ボルタリングとアスレチック設備のある個性的な家に住む。

山田啓子(事務、運営)
16

子供のケアを専門に独立したパワー溢れる経営者。息子の『かなと』はCCFの選手でもある。

堀江篤志(運営、ウェブ、英語)

青山学院大学を卒業後NECに入社。2013年に退職後し現在はオーストラリア国内でグローバルカンパニーRIO JAPANの代表を務める。

 

【その他近日追加予定】

以上、今回はCCFのスタッフについてでした!

体験参加に関するお問い合わせ

体験参加に関する質問やお問い合わせは、ライン、Facebookから受け付けています。

Facebook:https://www.facebook.com/ryota.dohi.9

ライン:以下のQRコードからアカウントを追加し、メッセージをお願いします。
18361809_1330670717029935_2137297317_n

代表者プロフィール

スクリーンショット 2016-06-30 21.35.40

名前:土肥良太

現在までの所属クラブ:Altona east sc(オーストラリア)→Western Suburbs SC(オーストラリア)→Ballarat Red Devilst(オーストラリア)